クロスターミナル駅として発展してきた「荻窪」駅前。この街の魅力は、ルミネ荻窪などの大型商業施設と、駅周辺に大きく広がる商店街が一体となった華やかな賑わいにあります。その魅力を享受しながらも、現地は賑わいから一歩入った第一種低層住居専用地域の穏やかな邸宅地。
動と静。賑わいと落ち着き。この地にある二つの魅力を同時に味わう、歓びに溢れた暮らしが叶います。

まるで友人の家の軒先のようなテラスでコーヒーが愉しめるカフェ、親しみ溢れる店内でランチが堪能できるレストラン。
南荻窪界隈を散策すると、他ではなかなか見ることのできない個性的なお店に出会えます。
緑と邸宅が広がる街並みを散策しながら自分だけの隠れ家を見つけて、この街の暮らしをもっと自分流に愉しくアレンジしてください。

1927年、都心にほど近く、良好な住宅地であることから与謝野晶子・鉄幹夫妻が移り住んだ南荻窪。それをきっかけとして井伏鱒二や棟方志功などの文化人が、この地に暮らし始めました。また1937年には当時の首相近衛文麿が「荻外荘」を構えるなど、歴史的な舞台ともなりました。その正統な系譜は今もここ「南荻窪」に色濃く漂っています。

駅前の魅力を享受しながらも、現地は一歩入った第一種低層住居専用地域の穏やかな邸宅地。
周辺にはスーパーなど、普段使いの商業施設から学校、保育園や幼稚園が集積し、学習塾なども揃います。
日常の暮らしも快適で、子どもの将来も愉しみな家族にも嬉しい環境が整っています。

賑わいから一歩奥まった現地は、建設する建物に制限が敷かれた第一種低層住居専用地域※。低層の戸建住宅が広がり、陽光が優しく注ぎます。環境が護られてきたエリアだから叶う、穏やかな暮らしが紡がれます。

※用途地域は都市計画法によって定められ、建築物の高さや建てられる施設などに制限があります。
また面積要件等により左表の制限に該当しない場合があります。詳しくは係員までお問い合わせください。

※徒歩分数は80mを1分として算出(端数切上げ)したものです。
※掲載の情報は平成29年12月現在のもので今後変更になる場合があります。