STRUCTURE高耐震+制振の地震に強い家。

建物の長寿命化のために、高耐震構造に制振性能を融合した「ハイブリッドキューブ」工法。

剛床と耐力壁で囲まれた高耐震6面の体構造

筋交い・火打ち梁だけでなく、壁・床に構造用面材を張ることで、地震・台風などの水平力に強い、6面体構造としています。

壁(耐震壁・準耐震壁)

筋かいに加えて、外壁には約9mm厚の構造用パネル、内壁には約12.5mm厚のせっこうボードを張ることで、壁の強度を高めています。

床(剛床)

約24mmの厚床合板を用いる根太レス工法(2F床部分)、または約12mm厚の構造用合板を用いる根太落とし込み工法(1F床暖房部分)とすることで、床の剛性を高めています。また、床梁・小屋梁とも、約910mm間隔とすることで、構造用合板をしっかり固定し躯体の剛性を向上させています。
※数値については誤差が生じる場合があります。

揺れを吸収する制振壁

鋼製ダンパーが上下に変形し地震(運動)エネルギーを熱エネルギーに変換することで、揺れを吸収します。

建物の長寿命化

制振壁が度重なる揺れのエネルギーを吸収することで、建物の変形を軽減し、長寿命化を図ります。解析では、1階の各方向の壁に対し2壁※の配置で性能を発揮する結果となっています。
※2階建て30坪を想定した場合。※制振壁の配置枚数は、建物の規模やプラン等に応じて決定します。

揺れに耐える強さ「壁倍率5倍」

細田工務店で採用している延樹・ブランチは、国土交通省が定める大臣認定で5倍の壁倍率を取得しています。大臣認定の壁倍率としては最大の数値となり、一般的な片筋かい耐力壁の2.5倍、構造用合板耐力壁の2倍の強さをもち建物の変形を抑えることが可能となります。 

繰り返し発生する地震でも建物の損傷は軽微

制振壁が度重なる揺れにも耐えることで、建物の変形を低減し、長寿命化を図ります。

制振装置が付いていない耐震工法の家

制振性能がある建物と制振性能がない建物を比較した場合、同じ壁量でも建物の変形を低減することができます。

ハイブリッドキューブ工法の家

※変形度合い(cm)は耐震のみの場合との比較(細田工務店比較)※「延樹・ブランチ」2壁配置(2階建て30坪を想定した場合)、建築基準法が想定する大地震(震度6強)における解析結果です。
※記載の内容は、(株)住宅構造研究所が実証・検証したい内容に基づきます。

住宅性能表示で最高の「耐震等級3」を取得

建物は、建築基準法を上まわり、住宅性能表示で最高の耐震等級「3」の基準を超える量の耐力壁・準耐力壁を確保することで高い耐震性能を実現しています。

保証もサービスも、ずっと安心

家電製品やクルマなど、使うことを前提とした確かなモノには保証があるように、細田工務店の家も“10年保証”。10年目の無償点検時に細田工務店の認定メンテナンス工事を実施いただければ、さらに保証を10年延長することも可能です。そのほかにも、住まいに関する相談窓口「24時間電話受付」サービスや「定期巡回点検システム」など、一生涯のパートナーとして、住まいの健康を末永く見守ります。